ホリデイ・トレッキング・クラブ

369C1580.JPGDSC_2019.jpgDSC_1873.jpg

TAOについて

アンサンブルの悦楽

ひとりひとりのプレーヤーの個性をぶつけあい音楽の悦びをストレートに表現したいだから指揮者はいませんアンサンブルって瞬間の連続ですスリリングだけどそれがまた美しいそれが室内オーケストラを味わう音楽の悦楽


東京アカデミーオーケストラ

1991年に結成された室内オーケストラで、通称"TAO"(たお)の名称で親しまれています。
団員は約30名。早稲田大学交響楽団(通称ワセオケ)、慶應義塾ワグネル・ソサィエティー・オーケストラ(通称ワグネル)等の大学オーケストラ首席経験者が中心となって組織されました。
指揮者をおかないオーケストラとしてはアメリカの「オルフェウス室内管弦楽団」が有名ですが、TAOも彼ら同様、指揮者なしでメンバーがリハーサルセッ ションを重ね、十分な時間と研究を重ねて音楽を造り上げていきます。「コア」と呼ばれるメンバーがそれぞれ責任を持ちコンセンサスを醸成していく手法は、 組織を運営する手法として「オルフェウス・プロセス」と呼ばれ、経営学の分野でも注目されています。
メンバーは全員が職業を持ちながら休日の活動として音楽活動を真摯に続けている30代が中心です。アマチュアながら、コンクールに入賞するものや海外での演奏経験のあるもの、室内楽活動を行っているメンバーもおり、私たちの演奏レベルは非常に高く評価いただいています。
定期演奏会として春と秋の年二回の自主コンサートを開催しています。演奏会毎のレパートリーの選択は常にチャレンジングな曲を選択するように心がけ、ユニークなコンセプトとテーマを演奏会毎に持ち続けています。
(「ドイツ音楽に寄す」「フランス・エスプリへの憧憬」など)結成以来、バッハ、ハイドン、モーツァルト等のバロック・古典から、シューベルト、ドヴォル ザーク、チャイコフスキー等のロマン派、リヒャルト・シュトラウス、ストラヴィンスキー、シェーンベルク等の近代曲と意欲的に幅広いレパートリーに挑戦し てきました。多様なレパートリーに対応するため、弦楽合奏、管楽合奏等、柔軟性に富んだ編成をその都度組んでいます。

mogi.jpg

TAOを推薦します

茂木大輔

春秋社の非常に優秀な編集者に星さんという人がいる。
大学教授の息子として、父親の赴任地であるローデシアやドイツなどで育ち、慶応を卒業して文芸春秋に入社しておられる。
無形文化財としてお囃子の笛を吹き、囲碁の達人であり、歌舞伎や落語に造詣が深く、山下洋輔氏、阿部牧朗氏、南伸坊氏を始め作家文化人を中心に幅広い交友関係を持っている。
こう書いただけでも、もう3,4人分の人生をやっているということは十分おわかりいただけたことと思うが、この人物はさらに趣味として、そこら辺の音大生 が裸足で逃げ出すようなチェロを弾く。頭の良い人間というものは、なにをやらせてもどんどんうまくなってしまうという見本のようなものである。
しかも、独身。
ここまで読んで、
「まあ素敵」
と思った女性の方は、その星さんがメンバーのひとりであるTAOの演奏会においでになるとよいでしょう。
星さんばかりではない。この、プロに録音を聞かせるとみるみる蒼白になる(おれもなった)というスーパー・アマチュア・オーケストラは、こうした今の日本を楽しみ、駆け抜けている30代によって構成されているのだ。
おっと、ここまで読んで、
「じゃ、おれ、いくのやーめた」
と僻んだ、筆者のような男性諸君。
美人の多いオーケストラですぞ、ということもつけくわえておく。