Wolfgang Amadeus Mozart  Sinfonia concertante in E-flat major, K.364

-108.jpg

モーツァルト
ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 K.364

Wolfgang Amadeus Mozart  Sinfonia concertante in E-flat major, K.364

協奏交響曲は、独奏楽器がオーケストラと渡り合う協奏曲とは違う性格を持ち、複数の独奏楽器がオーケストラと協調的に響きを作る性格を持つ。しかしこの協奏交響曲の独奏パートは高く評価され、今日ではヴァイオリン・ヴィオラの名手による二重協奏曲として演奏される傾向にある。
華やかに上昇するヴァイオリン、静かに深い世界へ向かうヴィオラという2つの楽器の性格はうまく使い分けられ、華やかながらも必ずどこかに陰影を帯びたモーツァルトの芸術性がうまく表現されている。

-60.jpg
独奏ヴァイオリン 河内多結(当団コンサートミストレス)

-61.jpg
独奏ヴィオラ横山優子(当団首席ヴィオラ奏者)

モーツァルト ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 K.364

Wolfgang Amadeus Mozart  Sinfonia concertante in E-flat major, K.364

第1楽章 Allegro maestoso

MP3 AIFF(CD並音質)

第2楽章 Andante

MP3 AIFF(CD並音質)

第3楽章 Presto

MP3 AIFF(CD並音質)




images.jpg

DSD recording HDサウンドダウンロード

DSD形式はSACDに使われている超高解像度の音声ファイル形式です。
TAOのコンサートは、1bit DSDで収録しています。
空気感まで捉えた、CDを遥かに超える素晴らしい音質でお聴きいただけます。
再生にはAudioGateというフリーウェアが必要です。下記からダウンロードしてお使いください。
DOWNLOADLinkIconhttp://www.korguser.net/audiogate/jp/index.html

第1楽章:右クリックして保存LinkIcon
第2楽章:右クリックして保存LinkIcon
第3楽章:右クリックして保存LinkIcon

協奏曲ではなく、協奏交響曲!

協奏交響曲、実は通常の協奏曲(コンチェルト)とちょっと違い、複数の独奏楽器がオーケストラと協調的に響きを作る性格を持ち、言わば独奏者とオーケストラが同等のパートナーとして扱われています。モーツァルトは1777年から1779年にかけてマンハイム=パリ旅行中に、この曲種に多数接する機会を持ち、その後故郷のザルツブルクに戻った1779年に作曲したと考えられています(モーツァルト23歳の頃)。しかし、彼の数多い作品の中で、協奏交響曲のスタイルで現存する作曲は少なく、学説的にはこの曲が唯一の協奏交響曲とも言われています。
パリへの旅行は職探しの旅で母と二人の旅でした。しかしこの旅行中にパリで母を亡くし、重なる失意の内に作曲したとされています。静かに深い世界へ向かうヴィオラと、華やかに上昇するヴァイオリン。2つの楽器の性格がうまく使い分けられ、華やかながらも必ずどこかに陰影を帯びたモーツァルトの芸術性がうまく表現されています。
興味深い点として、モーツァルトはヴィオラの響きをより生かすためにヴィオラに全ての弦を半音高くするように指示しています(スコルダトゥーラ)。弦を張って響きを増すとともにヴィオラの響きやすいニ長調と同じ、よりシンプルで開放弦の多い運指にしていたそうです。しかし現在ではソリストたちや指揮者、時にはヴァイオリニストの好みにより、調弦をどちらか選ぶようになっています。

第一楽章(アレグロ・マエストーソ)

協奏風ソナタ形式によるシンフォニックな堂々とした主楽章。交響曲と同様の形式で冒頭は始まり、その後独奏ヴァイオリンとヴィオラがオーケストラの響きの中で対話を繰り広げていきます。

第二楽章(アンダンテ)

悲愴的な緩徐楽章。モーツァルトの作品の緩徐楽章で、この楽曲の美しさに最も心をうたれるファンも多いと思われます。モーツァルトの当時の境遇がこの感動的な楽章に表現されているのでしょう。

第三楽章(プレスト)

軽やかなフィナーレ。モーツァルト独特のロンド的な形式となっており、冒頭主題は2度回帰します。独奏ヴァイオリン・ヴィオラは快速なテンポで前進します。


ソリストは同じオーケストラのメンバー同士。長年の付き合いの中で、あうんの呼吸で演奏できるメンバーをソリストとして迎えました。TAOの新しい演奏スタイルとしてお楽しみください。

-104.jpg
-62.jpg
-98.jpg

text: 田中 みどり
photo: 渡部晋也